アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自転車復帰は一ノ瀬林道ヒルクライム

自転車復帰は一ノ瀬林道ヒルクライム
               コース概略図(一ノ瀬林道の詳細図はこちら

自分にとっては今年の山登りシーズンが終わり、今回、半年以上もご無沙汰していたサイクリングを復活させようとして選んだ場所はやはり奥多摩です。信号や車にできるだけ煩わされずに長い距離を走れるところとなると、東京では他に思い浮かびません。予定では奥多摩駅まで輪行し、そこから青梅街道(国道411号線)を西へ向かい、多摩川源流部に近いところにある一ノ瀬高原の林道を周回してみることにしました。この高原には、いつか登ろうと思っている笠取山(△1,953m)の登山口があるので、時間が許せば山頂まで行けるかもしれません。もともとこの登山口へのアクセスは極端に悪く、多くの人はマイカーで来るか、山梨県の塩山からのタクシーという手段しかありません。奥多摩からのバスは丹波止まり、塩山から落合まで行くバスは冬期の運行がありません。そうなると、環境と財布に負荷のない移動手段は、JR青梅線の奥多摩駅からの自転車しかありません(塩山から自転車という手もありますが、JRの交通費が倍になります)。

早朝6時半に奥多摩駅に着くと、さっそく自転車を組み立てて出発します。路面は前日の雨の名残りなのかウェットですが、秋晴れとは言えないものの日差しはあり、気温も思ったほど低くはありません。走り始めると緩い上り坂なのに、早くも汗が顔から滴ってきます。着てきた冬用サイクルジャージは、少々オーバースペックだったかもしれません。30分ほどで通過した奥多摩湖畔の気温標示は摂氏4度となっていますが、ペダルを回している限り寒くは感じず、日向では暖かくさえ感じます。さらに30分ほど走って山梨県丹波山村に入ると、雲取山の登山口がある鴨沢の集落が見えてきます。朝日を浴びた家々が鏡のような湖面に映っていて、風がほとんどないことがわかります。
青梅街道を西へ奥多摩湖手前の紅葉鴨沢の集落
青梅街道を西へ奥多摩湖手前の紅葉鴨沢の集落

青梅街道は西へ向かうほどに傾斜が増してきます。ここは何度も通っている道なので、想定の範囲内です。ただし、久々のサイクリングなので脚がよく回らず、絞り切れていない体が重く感じられます。後方からやって来た1人のサイクリストは、あいさつの言葉を残すと軽々と坂を上っていきます。丹波山の道の駅を通過したときは、時間は予定よりも15分ほど遅れています。
丹波山村の中心部を離れると、人家が途絶えて秘境度がいよいよ増してきます。9時を回ったところで、花魁淵(おいらんぶち)と呼ばれる史跡の近くにある分岐で林道一ノ瀬線へ入ります。この林道の入口には数日後に工事のために通行止めになるとの掲示があります。
後続のロードバイクが先行丹波山の道の駅を通過林道一ノ瀬線に入る
後続のロードバイクが先行丹波山の道の駅を通過林道一ノ瀬線に入る

一ノ瀬川に沿って走る舗装された林道はしばらくは上り基調で、車も数台が登っていきます。途中にはいくつか急坂もあり、ここまで30km走って550mほど登ってきた脚にさらに負荷がかかります。さらに、工事が予定されている区間からは古いアスファルトがはがされたあとの砂利道となり、ロードバイクでは走りにくくなります。やがていくつかキャンプ場やバンガローが見えてきて、ようやくここが一ノ瀬高原だとわかります。砂利道がいつまで続くのか不安になりながらも、どこかで終わるはずだと思って先に進みます。そうすると、一ノ瀬キャンプ場の手前からやっと走りやすい舗装路に変わります。この林道の最高地点と思われるあたりには将監登山道の入口があり、ここから少し下ったところにあるのが笠取山への登山口がある作業平口です。もう紅葉の時期は過ぎているはずですが、すぐ横にある駐車場にはそこそこの数の車が停まっています。
整備された林道急傾斜のヘアピンカーブ一ノ瀬高原の白樺林
整備された林道急傾斜のヘアピンカーブ一ノ瀬高原の白樺林
一ノ瀬キャンプ場将監登山道入口作業平口
一ノ瀬キャンプ場将監登山道入口作業平口

この時の時刻は10時半で、笠取山へ登り始めるにはちょっと時間が押しています。また、路面はウェットで、空にはいつの間にか灰色の雲が広がっています。天気予報は晴れのち曇り、翌日は雨ということですが、天気が早めに崩れてきた可能性もあります。ここまでのヒルクライムで体力を消耗したこともあり、ここはおとなしく林道を周回して帰ることにします。
ところどころに穴が開いていたりひび割れている荒れた路面を慎重に下っていくと、途中に一ノ瀬高原方面への分岐が現れます。これが犬切峠だと思われます。ここは直進して青梅街道落合橋を目指します。すると、11時頃に青梅街道に突き当たります。結局、林道の登りの所要時間は1時間10分、下りは40分ほどでした。ここから奥多摩駅方面へ戻る約30kmは基本的にはずっと下りなので、防寒対策に上下ともウインドブレーカーを着ることにします。
見晴台からの眺め犬切峠を通過青梅街道に復帰
見晴台からの眺め犬切峠を通過青梅街道に復帰

奥多摩駅へ向けて快調に下りながらも、時々現れる小さな登り返しが体にこたえます。青梅街道に出てから30分ほどで丹波山の集落を通過し、奥多摩湖畔鴨沢のバス停を12時頃に通過すると、早々と下山してきたハイカーがバス待ちをしています。あとはいくつかのトンネルを抜け、半ば惰性でペダルをこぎ続けます。途中で奥多摩湖方面に向かう何台もの自転車とすれ違いますが、考えてみればまだ昼の12時台なので、多くの人にしてみればこれからが本番なのでしょう。奥多摩駅には1時少し前にゴール。かなり空いていた上り電車でゆったりと帰途につきました。
丹波山を通過鴨沢を通過奥多摩駅にゴール
丹波山を通過鴨沢を通過奥多摩駅にゴール

今回は、冬から春にかけての自転車のロングライド(ブルベ)に備えてのサイクリングでした。体のキレが今ひとつなのと、ロードバイク特有の乗車ポジションに再び慣れる必要があると感じました。また、ダウンヒルではコーナリングなどの勘が戻っていないので、スピードをまだ思いきって出すことができません。装備、特に防寒対策の予行演習ができたのはよかったと思います。山登り同様、この時期のサイクリングはウェアのレイヤリングと頻繁な脱ぎ着が大事です。
一ノ瀬林道は、新緑や紅葉の時期の晴れた日に走ると気持ちよいと思います。これから行われる工事が終わり、後半部分にあった悪路が補修されたときは、なかなかよいヒルクライム練習コースになると思います。ただし、ここまで自転車でやって来て笠取山に登るのは、特に日の短い冬の時期には時間的に難しそうです。実際に登るときは、一ノ瀬高原でのテント泊を交えることを検討したいと思います。

● 所要時間:6時間11分(休憩込み)
● 行程:奥多摩駅(6:45)~奥多摩湖(7:14)~鴨沢(7:40)~丹波山村(8:14)~
      羽根戸トンネル(8:32)~一ノ瀬高橋トンネル(9:02)~一ノ瀬林道入口(9:06)~
      一ノ瀬キャンプ場(10:02)~将監登山道入口(10:05)~中島川口(10:19)~
      作業平口(10:26)~犬切峠(10:45)~落合橋(11:17)~丹波山村(11:31)~
      鴨沢(12:02)~深山橋(12:11)~奥多摩駅(12:53)
● 走行距離:82.27km
● 平均速度:14.7km/h
● 最高速度:47.1km

スポンサーサイト

PageTop

BRM719東京200小諸で足慣らし

長瀞駅のホーム

考えてみれば去年9月のブルベ以来、この10カ月は自転車にまったく乗っておらず、すでにブルベシーズンも半ば過ぎのこの日、今年初のブルベを迎えました。エントリー競争に負けたり、悪天候の予報があったりで参加を見送っているうちに、ようやく出走できることになったのが「BRM719東京小諸」です。8月はブルベの開催が少なくなりますが、それはエントリーしていません。9月以降の秋のブルベに備えるためには、完走できなくとも足慣らしのためにここで一度100kmくらいは走っておく必要があります。コースは東京・池袋から長野県・小諸市までの200kmで、途中に3つの峠越えがあります。自分にとってのシーズンインのブルベとしてはハードルが高く、天気予報も1日中雨とのことですが、とりあえず出走だけはしようということで、スタート地点に向かいます。不安材料は、天候に加え、自転車用の筋肉が鍛えられていないこと、自転車の整備をまったくしていないことです。

今回のブルベの出発地点は珍しく都内の池袋で、自宅からわずか5kmほどしかありません。余裕を見て家を出たら、まだ薄暗い中、受付の30分以上前に着いてしまいます。天気は時々小さな雨粒を感じる程度です。やがて、参加者が次々にやって来て、歩道の片隅で受付が始まります。雨模様の予報ながら、気温が高いこともあって比較的軽装・軽装備のライダーが多いように見受けられます。ランドヌ東京のNaokiさんの車検を受けると、すぐに出発します。
集合場所の東京芸術劇場ブルベの受付風景池袋を出発
出発地点の東京芸術劇場 - 4:32ブルベの受付風景 - 5:03池袋を出発 - 5:45

都内からはしばらく新青梅街道を西へと進みます。自然発生した5~6台のトレインで信号ストップが多い中を、とりあえずは順調に走ります。サイクルメーターの表示によると、巡航速度は27km/h前後に保たれています。蒸し暑いこの時期らしく、停車しているときよりも走っているときのほうが涼しいので、改めて自転車は空冷式エンジンだと感じます。青梅インターを過ぎると、まもなく40km過ぎのPC1です。出発から2時間あまりの到着で、制限時間までは1時間の余裕があります。それでもここでは水分補給だけで、すぐに再スタートを切ります。
この先の秩父へ向かうコースはブルベやサイクリングで何度も通った道なので、ペース配分もある程度はわかっています。最初の難所の「山伏峠」(標高約600m)に備え、自分のペースを守ることに徹すると、後ろから何人ものブルベ参加者や一般のサイクリストが追い越していきます。途中で雨粒が大きくなったように感じてレインウェアを出そうか迷いますが、登りで大量の汗をかきそうなので、それはやめておきます。この頃から、腰の筋肉とサドルに座るお尻の痛みが増してきます。脚の筋肉はなんともないので、やはり前屈みで硬いサドルに座るというロードバイク特有の姿勢に体が慣れていないことがわかります。
信号ストップの繰り返し岩蔵街道のPC1山伏峠へ
信号ストップの繰り返し - 6:33岩蔵街道のPC1 - 8:00山伏峠へ – 8:37

山伏峠」は登り始めからピークまでは4kmほどで、最も傾斜のきついところは残り1km地点のヘアピンカーブです。実は、この日の課題の1つは、この峠を足つきなしで登ることです。この難所を立ち漕ぎでなんとかしのぎ、30分ほどでピークを通過します。ここから「正丸トンネル」入口までは一気の下りです。雨よりも寒さ対策でレインウェアが必要かと思いましたが、少しでも時間を節約するために、そのまま下ることにします。
10分ほどで「正丸トンネル」まで下ると、この先も下り基調の国道299号線が秩父市内まで続きます。時折横を通過するトラックに気を使いますが、快調にスピードアップできる区間で、ふとサイクルメーターに目をやると軽く50km/hを超えています。途中の芦ヶ久保果樹公園では、3連休の初日とあってこの天候でも行楽客の姿が多く見られます。
秩父市内に入ると、朝のブリーフィングで「長野県の十石峠の手前で体調が悪くなった方は、リタイアするなら秩父あたりの駅が最後のチャンスです」のようなアドバイスがあったのを思い出します。脚の筋肉は大丈夫、腰の痛みは慣れれば気にならなくなるはず。しかし、お尻の痛みはなかなか収まりません。ここで考えたことは、PC2に着いたときに天気が大きく崩れていなくて、時間の余裕がPC1よりも増えていれば先へ進み、そうでなければリタイアするというものです。
山伏峠を通過芦ヶ久保果樹公園を通過秩父神社を通過
山伏峠を通過 - 10:08芦ヶ久保果樹公園を通過 – 10:26秩父神社を通過 - 10:44

縁日の準備をしている秩父市街を過ぎると、やがて見えてくるのが秩父橋です。油断していたら、この先の信号のない三叉路でうっかりミスコース。道なりに国道299号線に入ってしまいます。ただし、すぐにそれに気づき、数百メートルくらいのロスでコースに復帰します。そのあとは再び20km/h台後半のスピードを維持して96.8km地点のPC2へと急ぎます。このPCは折り返しとなっているので、すでに通過証明のレシートを手に入れたブルベ参加者と次々にすれ違います。そのPC2に到着すると、時間の余裕はPC1の時とまったく変わらず1時間です。これから「山伏峠」よりも標高の高い「土坂トンネル」と「十石峠」への登りがあることを考えると、たとえゴールしてもぎりぎりかタイムアウトの可能性が高くなりそうです。この天気では景色を楽しめないことと慣れないお尻の痛みもあったので、ここでリタイアの決断をします。
幸いにも、このまま先へ進むとすぐに秩父鉄道の長瀞駅があります。長瀞駅に着くと、ちょうど名物の蒸気機関車が出発するところで、それを見送ってから輪行の準備をし、寄居、高麗川、拝島を経由して都内へ戻ってきました(所要時間3時間弱)。いつもならブルベのあとは重い自転車をかついで疲れ果てて輪行するところ、体力には余裕があります。とりあえず途中のPCでタイムアウトにならずに100kmという距離を走れ、「山伏峠」を足つきなしで登れたということで、今後につながるDNFと考えることにしたいと思います。
秩父橋を通過PC2に到着長瀞駅の蒸気機関車
秩父橋を通過 – 11:01PC2に到着 – 11:27長瀞駅の蒸気機関車 – 11:40


《走行データ》
■ 走行距離:96.8km(ブルベ)+2.3km(長瀞まで)+5.2km(自宅~スタート地点)=104.3km
■ 走行時間:5:00
■ 平均速度:19.8km/h
■ 最高速度:56.8km/h

PageTop

2014年のブルベスケジュール

2014年のブルベスケジュール
テキストデータは《こちら》 *リンク付き

オダックス・ジャパンのウェブサイトに、2014年のブルベスケジュールが掲載されていたので、エクセルファイルにしてみました(2013.11.14現在:変換エラーチェック中)
例年通り、どこの主催クラブも200kmは前半と終盤での開催が多く、400kmと600kmは中盤に多くなっています。梅雨時の400kmと600kmは、コンディションがちょっと心配だったりします。開催地域を無視すれば、最短でのSR取得は2月9日です。1つのクラブで同じ日に同じ距離を2本開催することもあるようですが、まだ詳細は不明です。
とりあえず、この表を見ながら、おおまかな予定を立てるとともに、モチベーションも高めていきたいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。