FC2ブログ

アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM512青葉200風張

5月も中旬、日が延びて早朝でも明るくなったこの日、「VCR青葉」主催の「BRM512青葉200風張」に参加してきました。自走で二子玉川へはちょうど15kmで、まさに気軽に参加できる「ご近所ブルベ」です。

早朝の兵庫島公園
 早朝の兵庫島公園

先頭で出走
 先頭で出走

府中を通過  府中を通過

天候不順の多かった今年のGWと異なり、この日はよく晴れているものの、気温は高くなく、ブルベにはちょうどよい陽気です。参加者の数は、募集枠には達しなかったようですが、5時半頃にスタート地点の「兵庫島公園」に到着すると(スタート時間を間違えていて、ブリーフィングにぎりぎりで間に合いました)、すでに50人以上のブルベライダーが集合しています。

主催者から詳しいブリーフィングのあとですぐに車検となり、今回は一番で出走します。だれも後に続いてくる気配はありません。

この日の作戦は、平地でできるだけ貯金を作り、「風張峠」への登りでのスローダウンに備えるというものです。向かい風の中、しばらく単独走行を続けたあとで、10kmほど過ぎてから後続ライダーに追い越され、3番手で府中を通過します。
あきる野戸倉のPC1
 あきる野戸倉のPC1

意外と速いMTB

 意外と速いMTB

新緑に囲まれてヒルクライム
 新緑に囲まれてヒルクライム

石田大橋」手前までは前回走ったブルベ「BRM414定峰」と同じルートで、その先も先週に試走したばかりなので、ほとんどキューシートに目を落とすことなく順調に走行します。やがて市街地になって交差点ストップが多くなると、後続の集団に追いつかれますが、集団の先頭を引く形で、日野、八王子、拝島、あきる野と進み、武蔵五日市駅の先にあるPC1(43.5km地点)に8時10分に到着。ここまでの平均時速は20km/hくらいで、作戦通りに1時間以上の貯金ができています。

この先では、徐々に登り基調の道となります。檜原村を過ぎると、極太タイヤをはいたMTBを含め、次々に後続ライダーにパスされていきます。どうも、試走のときよりも調子が悪く、腰の筋肉が早々と悲鳴を上げ始めています。というのは、前日、編集を担当していた出版物が完成し、その打ち上げ会でかなりワインを飲んでしまったうえに、睡眠時間は4時間程度しかありませんでした。ブレーキがロックしているのではないかと思えるほど、自転車が重く感じられます。
青梅街道で丹波山村へ
 青梅街道で丹波山村へ

折り返しのライダー

 折り返しのライダー

道の駅たばやま
 道の駅たばやま

奥多摩周遊道路の無人ゲートから25分くらいでようやく「都民の森」を通過。この日は久々に朝から晴れの週末とあって、施設の前には満車の看板が出ています。「風張峠」のピークは気づかないまま通過し、一気のダウンヒルに向かいます。

奥多摩湖まで下ったあとは、青梅街道を西へ向かい山梨県の「丹波山村」で折り返します。ここは何年か前に通ったはずのルートですが、きつい登り基調の道であることはすっかり忘れていました。しばらくすると、早々と折り返してきたライダーとすれ違うようになります。

PC2(98.4km地点)となっている「道の駅たばやま」には11時40分頃に到着。時間の貯金は50分程度に減っていますが今回のブルベの難所は終えたので、残り半分、トラブルさえなければ完走はほぼ確実です。とはいえ、後半にもある程度は登りがあるので、あまり長居はせずに、今度は青梅街道を東へと引き返します。
榎峠付近の坂道
 榎峠付近の坂道

小沢トンネル付近の里山風景
  小沢トンネル付近の里山風景

これからPC2へ向かう10人くらいのライダーとすれ違いますが、最後に見かけたライダーは時間ぎりぎりだったのではないかと思います。途中、野生のサルを3匹ほど目撃しました。ここからしばらくは、「軍畑」まで快適な下り基調の道です。「軍畑」で青梅街道を離れると、最後の急坂が待っています。このあたりは「高水山」へのトレイルランで何度か通ったことがあるので、「榎峠」周辺の見慣れた風景が目に映って「帰ってきた」という気持ちになります。「小沢トンネル」手前にある長閑な集落は、いつも写真を撮りたくなる風景なので、今回も立ち止まって1枚撮影します。
原市場のPC3
 原市場のPC3

多摩川沿いの一般道へ
 多摩川沿いの一般道へ

ファミレスでブルベ終了
 ファミレスでブルベ終了


■距離:204km(ブルベ)+自走往復(30km)
 =合計234km
■平均速度:19.5km/h 最高速度:52.7km/h
■Basso Viperでの走行距離:9877.7

飯能市の原市場にあるPC3(148.8km地点)に2時20分に到着すると、貯金は1時間半に増えています。これでもう安心とばかり、まったりと休んでいるライダーの姿も見られます。午後の日差しは強く、天気が崩れる心配もまったくありません。

PC3を出てから「飯能クリーンセンター」手前でこの日最後のダメ押しのような坂道を登り切ると、あとは「BRM414定峰」の復路と同じなので、あまりキューシートに頼らずに自分の記憶と照合しながらゴールを目指します。小作から拝島、立川の市街地を抜けて多摩川の堤防に出ると、まだ日の高いうちにゴールしようと、最後のラストスパートをします。快調に飛ばす前走者につられたこともあり、ふとサイクルメーターを見ると、信号のない直線区間では35km/hくらいで走っています。そして、ゴールのPC4(204km地点)には5時21分にゴール。ブルベの所要時間は11時間21分でした。これは前回の定峰に比べて1時間くらいの短縮です。今回のほうが獲得標高は多いはずですが、下りでの高速走行の部分が長いので、このようなタイムになったものと思われます。

このあと近くのファミレスでブルベ終了の手続きを行い、そのまま帰ります。ほぼ力を使い切ったので、自宅までの15kmの道が「風張峠」に匹敵するくらいきつく感じました(ちょっとした坂道で、子どもを乗せた電動ママチャリに勢いよく抜かれました)。

<コメント>

今回は600kmのブルベでも感じたことのないほど、腰の筋肉と上腕三頭筋にダメージが残りました(胃の具合もちょっと変です)。前夜のアルコールと睡眠不足がたたったのかもしれません。フロントディレイラーが終始不調でアウターにうまく切り替わらず、平地での巡航で回転が上がり過ぎました。また、体重のコントロールもうまくいっていませんでした。序盤と終盤でいつもより力を使ったことも一因でしょう。
よかった点としては、ミスコースがなく無駄な走りがなかったため、最後までサイクルメーターの距離表示がほぼ正確にキューシートと一致していたことです。また、前日の体調管理の大切さを改めて感じました。

Start 6:00 - 府中郷土の森 6:39 - 石田大橋 6:54 - PC1(あきる野戸倉) 8:10 - 橘橋 8:32 - 数馬 9:38 - 都民の森 10:16 - 三頭橋 11:03 - PC2(道の駅たばやま) 11:41 - 御岳 13:24 - 榎峠 13:42 - 小沢トンネル 13:57 - PC3(飯能市原市場) 14:19 - 下畑 14:53 - 牛浜 15:41 - 稲城大橋入口 16:59 - PC4(狛江市緒方) 17:21


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほとんど同タイムだあ。

こんばんは、初めまして、ゴールは同時間ですね。
まして、PC3は1分違い。なにかとゴール近くは後ろを走らせていただき大変、助かりました。今回のブルベは体力の消費度合いをみるためにとっても参考になりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

Kaol Supple | URL | 2012-05-14(Mon)22:49 [編集]


Kaol Supple さんへ

コメントありがとうございます。

ゴールが同時刻ですか。ご挨拶する余裕がなかったので、
失礼いたしました。当日は少々向かい風(往路・復路とも)
がありましたが、天候には恵まれてブルベ日和でしたね。
これからあと2つくらい青葉のブルベは走ると思います
ので、またご一緒のときはよろしくお願いいたします。

Bilbo | URL | 2012-05-15(Tue)01:52 [編集]


次回は

おはようございます。
本当に晴天にめぐまれよかったですよ、走るのはかなり楽でした。こんな日しかブルベは走っていないのが現状ですが。青葉は次回はBRM630青葉200富士に出る予定です。ただ、梅雨シーズンなのでDNSかもしれませんが。

Kaol Supple | URL | 2012-05-15(Tue)06:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。