FC2ブログ

アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

奥武蔵グリーンライン・チャレンジ2012

スタート地点の高麗神社の駐車場
↑ クリックでコースマップ表示

今年も、自分にとって毎年恒例のイベントとなりつつある「奥武蔵グリーンライン・チャレンジ42.195km」に出場してきました。今回は記録をあまり意識していなかったのと、終盤でのラストスパートが不発に終わったことで、今までで一番遅いタイムとなりました。それでも、秋晴れの絶好のアウトドア日和とあって、それなりに楽しんで走ることができました。

このレースでおなじみのガッチャマン
このレースでおなじみのガッチャマン

7時半スタート
7時半スタート
都内から始発電車に乗り、八王子で八高線に乗り換えて高麗川駅に6時前に到着。スタート地点までゆっくりと歩きます。受付となっている高麗神社前の駐車場に着くとすぐに手続きを済ませ、着替えをします。といっても来ているウインドブレーカーを脱いで、下は短パン、上はカットソーのTシャツになるだけです。この日は最高気温が25度前後まで上がるという予報だったので、このスタイルで十分ですが、念のためにSkinsのアームウォーマーを着用します。シューズは2年前から使っているNewbalance MT100というトレイルラン用軽量モデルです。今回の方針は、エイドステーション以外では歩かないことと、できれば前回の記録を更新または維持することです。

今年度の大会参加者はおよそ800名で、その中には毎年見かけるガッチャマンの姿もあります。今回はデビルマンは見あたりません。このレースは1人ずつスタートというユニークな方式をとっています。スタート地点に並ぶと、6時半に先頭から4番目にスタートを切ります。この位置では、後からスタートするランナーに追い抜かれることはあっても、自分が追い抜くことはありません。


清流AS (7.5km)
清流AS (7.5km)

物見山の折り返し
物見山の折り返し

ユガテAS (12.5km)
ユガテAS (12.5km)

顔振峠ASで用意された補給食
顔振峠ASで用意された補給食
スタートしてしばらくは一般道を走り、前にいる2人を抜いて2位に浮上。しかし、林道に入って坂道になると後続のランナーが次々に先行していきます。30kmまでは我慢の走りを続けて、余力をもってラスト10kmに望もうと思っていたので、自分のペースを守って淡々と登っていきます。

最初のチェックポイントである7.5km地点の「清流エイドステーション(AS)」、10km手前の「物見山」、12.5km地点の「ユガテAS」と、以前の時とあまり変わらないタイムで通過します。このコースは何度か走って慣れたせいか、なんとなく距離が短く感じます。19km地点の「顔振峠」の通過にはやや時間がかかったものの、体力はまだ温存できています。ただし、何度も繰り返すアップダウンで、下りの部分のスピードが今ひとつ乗り切れていません。自然にブレーキがかかってしまう感じで、思い切り脚を前に出せません。それでも、傘杉峠、飯盛峠、ブナ峠と、以前に苦しめられた記憶のある峠道も、歩かず登っていきます。

顔振峠AS(19.0km)
顔振峠AS (19.0km)

第4AS (23.5km)
第4AS (23.5km)


刈場坂峠AS (30.0km)
刈場坂峠AS (30.0km)

刈場坂峠ASでの補給食
刈場坂峠ASでの補給食

第6AS
第6AS
そして、ここまで来れば完走間違いなしの30km地点、刈場坂峠は11時過ぎに通過します。残りあと12kmを1時間半以内で走れば、サブ5となります。最後の6kmはずっと下り坂なので、ここを頑張れば自己記録の更新も見えてきます。最後のASで十分に水分補給をすると、いよいよポイントとしていた劇坂下りです。しかし、ここでも思うようにストライドが伸びません。やはり、下りを駆け下るにはソールの厚いシューズのほうがよかったかなと思っているうちに、何人ものランナーに抜かれていきます。とうとうゴールまでスパートらしいスパートをすることができず、12時半前、ということはぎりぎりサブ5でフィニッシュです。

今回の記録は満足のいくものではなく、力を出し切ったという感覚もありません。やはり、目標にしている直近のマラソンレースがないというモチベーションの低さが影響しているのかもしれません。

なお、このレース中には携帯電話に付いているカメラで写真を撮りました。この携帯をしまうウェストポーチをゴールへの搬送荷物として預けてしまっていたので、携帯をずっと片手に握りしめながらのランニングとなりました。

ゴール地点
ゴール地点

 
チェックポイント2009201020112012
 スタート7:337:327:307:30
 清流AS (7.5km)  8:178:188:21
 物見山入口 8:198:19 
 物見山 8:278:278:30
 物見山入口 8:34  
 10km地点 8:36  
 ユガテAS (12.5km) 8:508:518:55
 15km地点  9:11 
 顔振峠AS(19.0km) 9:449:359:369:43
 傘杉峠 9:499:49 
 第4AS (23.5km)10:2010:0810:1010:19
 25km地点  10:23 
 飯盛峠  10:34 
 ブナ峠 10:3910:43 
 刈場坂峠AS (30.0km)11:1310:5511:0011:08
 大野峠 11:1411:19 
 35km  11:37 
 第6AS 11:3111:3911:50
 ゴール12:2112:0612:1512:24
 正式タイム4:48:374:33:564:44:304:54:06
 種目別順位  222/695293/692
 総合順位240/636207/789246/839324/825

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れさまでした
余裕の完走ですね

同じ時にちょっと遠征してウルトラマラソン走ってました
結果は。。。笑
長い距離は走れても長い下りが走れませんでした

槍ヶ岳トレラン&奥武蔵凄いです
自分も奥武蔵いつか走ってみたいです

のりぞー64 | URL | 2012-10-26(Fri)01:22 [編集]


のりぞー さんへ

コメントありがとうございます。

あの人気の四万十川ウルトラを走られたんですね。
昔、キャンプをしながらカヌーで四万十川を下った
ことがあります。
のりぞーさんの成績はともかく、レースレポートを楽しみに
しています。自分も、いつかは走りたいと思っています
ので、いろいろと参考にさせてください。
奥武蔵は、自分のペースを守って楽しんで走れる設定ですし、
費用も安くておすすめです。

Bilbo | URL | 2012-10-26(Fri)09:51 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。