FC2ブログ

アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM217埼玉200kmアタック小田原城

BRM217埼玉200kmアタック小田原城
BRM217埼玉200kmアタック小田原城

ブルベ参戦4年目となる2013年の最初のブルベはAJ埼玉の「BRM217アタック小田原城」です。このブルベのスタート地点は、なんとか都内から輪行できる距離にある埼玉県入間市の「豊水橋」なので、日曜日の早朝に輪行袋をかかえて始発電車に乗り込みます。前日の冷たい風は収まっているようですが、この日の気温は0~8度ということで、朝3時に起きてお風呂に入り、体を温めておきました。走行中の寒さ対策としては、厚手の手袋、フェイスマスク、ゴーグル、膝下用のスパッツ、トゥーカバー(クリートと擦れた部分が破れかけていたので、シューグーで補修)、ネックウォーマー、ゴアテックスのウインドブレーカーなどを用意しました。トゥーカバーの補修
補修したトゥーカバー

ハンドル回りのレイアウト
ハンドル回りのレイアウト
ブルベ用の機材でも年々進化していかなければ、ということもあり今回は初めてナビシステムを導入し、コマ図と併用することにします。使用するSONYの「Nav-U37」という機種は、去年の秋から山で便利に使っていますが、ブルベでは特に夜間走行で威力を発揮してくれることが期待されます。大容量の予備電源(DIATEC PowerBank slim 3.0)も携帯することにします。自然に、ハンドル周りに装着する機材の配置も変更することになり、行き場を失ったサイクルメーターはコマ図ケースの先に取り付けることにしました。これがかえって好都合で、前に視線を向けたまま走行距離を確認することができます。ライトはフロントのハブに1つ、ハンドルにもう1つという配置です。
不安材料としては、何カ月ものブランクで、ブルベの勘が鈍っているかもしれないことと、自転車用の筋肉、特にヒルクライムに必要な筋肉が衰えているかもしれないことです。それに加え、右膝裏に違和感、左ふくらはぎと腰に張りを感じています。一応、気休めにスポーツジムでは何度かエアロバイクで汗を流しましたが、ほとんどぶっつけ本番です。今回はブルベ自体をシーズン初めの足慣らしと位置づけ、あわよくばぎりぎりで完走という気構えで望むことにします。

スタート~PC1 ---------------

出発地点の最寄り駅に降りると、他に2人くらい輪行してきたブルベライダーがいます。しかし、この入間市駅周辺の道路は複雑で、今まで2度ほど豊水橋まで行くのに迷った経験があります。ここでナビシステムを起動して目的地を豊水橋にセットして出発しますが、それでも何度か方向を間違え、到着したときにはすでに多くの参加者の姿があります。まもなくブリーフィングが始まり、機材チェックのあと最初のグループで7時のスタートを切ります。空は青空が広がり、気温は低いもののブルベ日和となりそうです。青梅市から南へ向うと、わずかながら追い風のようです。右手には富士山の姿が見えます。
これまで長いブランクの後は、Y's Roadに自転車の「クイック調整」をお願いしていましたが、今回はパスしました。とりあえず変速はスムーズに全段切り替わります。ブレーキの音鳴りと、だいぶすり減ったタイヤが少し気になりますが、丁寧な運転を心がければ問題はないレベルです。
37km地点の「木戸交差点」での経過時間は2時間ほど。ということは、単純計算で平均時速18.5kmです。ブリーフィングでは後半に待ちかまえるいくつかの登りのために、前半は飛ばしすぎないようにというアドバイスがありました。そう考えれば、まずまずのペースです。55.1km地点の厚木のPC1は、10時を少し回ったところで到着。ここでの時間の貯金は40分ほどです。平坦基調のコースながら、信号ストップが多かったせいでそれほど時間は稼げなかったようです。出発前に水分を買うのを忘れていたので、ここでミネラルウォーターを補給します。
ブリーフィング絶好のブルベ日和厚木のPC1
ブリーフィング絶好のブルベ日和厚木のPC1

豊水橋(7:00)-高尾(8:49)-木戸交差点(9:02)-厚木PC1(10:05)


PC1~PC2 ---------------

小田原のPC2で折り返し
小田原のPC2で折り返し
一時、薄い雲がかかって日差しが弱くなるものの、走っている限りは寒さを感じることはありません。国府新宿で国道1号線に入ると、ここから小田原までは何度も走った道です。一般サイクリストやチーム練習をしているグループの姿も多く見かけるようになってきます。95.1km地点にある小田原市内の早川口近くのPC2に着くと、貯金はわずかに増えてちょうど1時間あまりになっています。ここでは「速攻元気」だけを買って、AJ埼玉の有人チェックを受けます。
今回のコースはここで折り返しですが、ここで自分が1つ勘違いをしていたことに気づきます。この「アタック小田原城」の事前のルートチェックは、次の週にエントリーしているランドネ東京主催の「BRM223東京200km曽我梅林」のルートチェックと同時に行っていました。そのため、脳内回線が混線して、このあと小田原から三浦半島の南端の三崎に向かい、横浜を回って北上すると思いこんでいました。実際、そのコースを走れば、200kmではとても足らないでしょう。実際には、平塚のたいぶ手前で埼玉方面へ北上することになっています。なんだか、距離を得したような気分になって、気持ちに余裕が出てきます。

吾妻橋(11:10)-二宮(11:37)-小田原PC2(12:20)-国府新宿(13:09)


PC2~PC3 ---------------

PC2での折り返し後は、しばらく往路で通過したルートをたどるため、あまり気を遣うこともなく淡々と距離を稼ぎます。130.9km地点の神奈川清川のPC3には午後2時半の到着で、時間の余裕は1時間15分と微増にとどまっています。ただし、体調に変化はなく、はっきりとした足腰の筋肉痛は出ていません。サドルに当たるお尻の部分も、久々の100km超えのロングライドにしては無傷です。
朝から付けていた膝下のスパッツは、ゴアテックスではない安物なので、ずっと中は結露状態が続いていました。このままでは靴の中まで濡れる心配があるので、ここで脱ぐことにします。次は、ちゃんとしたゴアテックスのスパッツを持参するつもりです。
神奈川清川のPC3
神奈川清川のPC3

神奈川清川PC3(14:29)


PC3~PC4~ゴール ---------------

PC3の先にある、「宮が瀬湖」には何度か行ったことがありますが、今回のルートは初めてです。すると、次第に勾配がきつくなってきます。時には1桁台の速度になり、後ろから何人かのブルベライダーに追い越されながらも足つきなしでピークに到達すると、そこが名前だけは聞いたことのある「土山峠」でした。これでもう今回のブルベでの登りは終わりかと思ったらそうではなく、このあとも何度か登りが繰り返されることになります。
高尾から先は往路とは別ルートとなり、武蔵五日市を経由して青梅へと向かいます。このあたりは他のブルベでも走ったルートと重なっているので、そのときを思い出しながら終盤へと差し掛かります。
176.1km地点にある最後のPC4に到着したときは、もう日が暮れて気温も下がってきます。登りが多かったせいか、時間の貯金は1時間にまで減っています。ここでは温かいコーンクリームスープを飲むと、これからの寒さに備えてウインドブレーカーとフェイスマスク、ゴーグル、ネックウォーマーを装着します。残りは25kmほどで、制限時間までは3時間近くあります。
ゴールを目指して走り始めると、不思議に同じようなスピードで走る他のライダーと前後して走るようになってきます。そんなとき、前を走るライダーが右・左折ポイントを直進してしまったのを2回ほど目にしました。自分もうっかりその方向に進みかけましたが、ナビでルートを外れているのに気づき、すぐに引き返します。ミスコースしたライダーには声は届かず、追いかける体力もないので、早く間違いに気づいて引き返してくれればいいと思いつつ、自分はゴールに向かいます。そして、午後7時半前に豊水橋にゴール。完走タイムは12時間21分です。
スタッフの方が用意していた豚汁をいただいてから入間市駅に向かいますが、やはり道に迷います。手間取りながらなんとか到着すると、すぐに特急に乗り込み、30分ほどで池袋に到着します。山手線、総武線とも空いていて、意外に楽な輪行で自宅に帰り着きました。
土山峠を通過日の出大久野のPC4豊水橋にゴール
土山峠を通過日の出大久野のPC4豊水橋にゴール

土山峠(15:03)-宮原(15:56)-向原(16:03)-高尾(16:26)-武蔵五日市駅(17:22)-日の出大久野PC4(17:42)-豊水橋(19:21)


感 想 ---------------

AJ埼玉はいつもS度が高いという先入観がありましたが、今回はシーズン初めの200kmということもあり、それほどでもなかったようです。足馴らしにはちょうどよい感じでした。前日の「青葉300km渡良瀬」は、強風で相当厳しいブルベになったということですが、1日違いでずいぶん様子が変わったようです。これでとりあえず今週末の「曽我梅林200km」も、天候次第ですが、なんとかなりそうです。
ヘッドランプの不調もあり、夜間はナビシステムに全面的に頼っての走行となりました。ミスコースも未然に防げたので、これからも重宝しそうです。

[次回のブルベコース]


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。