FC2ブログ

アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

趣味の工作その2:ヘルメット用シェード

ブルベには欠かせない「コマ図」を見やすくするための「巻き取り式コマ図ケース」は、ブルベを始めて早々に自作し、現在では欠かせないものとなっています。今回は、趣味の工作第二弾として、ロードバイク用ヘルメットに装着する「シェード(風防)」の制作です。シェードを自分で作ろうと思ったのは、いくつか理由があります。

1.ロングライド、特にブルベでは長時間にわたって前からの風にさらされ、ドライアイになりがちです(特にコンタクトレンズをしている場合には)。走り終わったあとには、ほとんどいつも眼が充血しています。
2.アイウェアをしても、この不都合は軽減されません。ヘルメットとアイウェアの隙間からは、どうしても風が入り込んでしまいます。そのあたりを考慮した専用アイウェアもあるようですが、どれも高価です。
3.シェード付きのヘルメットを捜してみましたが数は少なく、あってもMTB用でずいぶん高価です。アイスホッケー用のヘルメットを使ってはどうかと思いましたが、近くのスポーツ用品店には置いていません(北海道ならあり?)
4.ゴーグルも使ってみましたが、冬場はよくても、これからのシーズンは暑苦しそうです。

そこで、試しに事務用のA4クリアファイルを使ってモックアップを作ってみることにします。ヘルメットの前部にベルクロテープでシートを留めてから、ハサミで角をカットして形を整えます。
ヘルメット用シェードの制作1ヘルメット用シェードの制作2ヘルメット用シェードの制作3

見栄えもそれほど悪くなさそうなので、東急ハンズでポリカーボネイトシート(30×30cm、厚さ0.5mm)を315円で購入し、実際の制作に入ります。(購入したシートからは、2つのシェードが作れます)
まず、モックアップのシェードの形を厚紙に写しとり、それに合わせてポリカーボネイトシートをハサミでカッティングしていきます。次に、両サイドに穴を2つ開け(ハンダごてを使うと、きれいに穴が開けられます)、100円ショップで購入したゴムひもを付けてヘルメットに巻き付けます。そして、上下のずれを防止するために、ベルクロテープを使って3点でヘルメットに固定します。シートは薄いので、熱で曲げる必要はありません。こうして、ほぼイメージ通りのシェードができあがったので、実際に試してみることにしました。
ヘルメット用シェードの制作4ヘルメット用シェードの制作5ヘルメット用シェードの制作8

春分の日、このシェードを付けたヘルメットを装着して、都内から奥多摩へと向かいます。ルートは次のキューシートの通りで、主に新青梅街道と吉野街道、青梅街道を使います。

 ・中野【新井交差点】からスタート(早稲田通り)
 ・野方署前を右折
 ・右に踏切が見えたら渡り、すぐ左折
 ・環七で右折
 ・【丸山陸橋】を左折し、新青梅街道へ <440・245・5>
 ・【東青梅三丁目】で三叉路の中央へ <市道・28・411>
 ・宮ノ平駅の先の信号を左折<238>
 ・【和田町二丁目】で右折<45>(吉野街道)
 ・【古里駅前】 ・左折<411>(青梅街道)
 ・奥多摩駅にゴール


曇天の日の早朝は少し冷え込んでいるので、薄手のウインドブレーカーを羽織って出発します。シェードは少し深めにカットしたので、時々、自分の息がかかりますが、曇ってしまうことはありません。本当に寒い冬場だったらどうでしょうか。
出発から2時間半で青梅を通過する頃には、ときおり薄日が差してきてサイクリング日和となります。日向和田の先で多摩川を渡ると、市街地を離れ、ようやくサイクリング気分が出てきます。JR青梅線の古里駅前からは来週出走予定のブルベ「BRM330東京300甲斐」のコースと重なります。ときおり、ちょっとした下り坂でスピードが出せる区間があります。ここでシールドの効果がよくわかります。下ハンドルで前傾姿勢をとると、今までは風が顔に強く当たっていましたが、今回はそれがかなり軽減されています。ということは、長いダウンヒルにはかなり有効となりそうです。
そしてゴールの奥多摩駅には10時前に到着。時間的には折り返して青梅まで、あるいは自宅まで戻ることもできますが、これから交通量が増えてくる幹線道路を走りたくないので、輪行で帰ることにします。ちょうど青梅駅でホリデー快速への接続があったので、午前中に帰宅することができました。

中野を朝6時に出発
中野を朝6時に出発
新青梅街道を西へ
新青梅街道を西へ
青梅市街地を走る
青梅市街地を走る
多摩川を渡る
多摩川を渡る
吉野街道沿いの桜
吉野街道沿いの桜
御岳山入口の鳥居
御岳山入口の鳥居
梅沢を通過
梅沢を通過
鳩ノ巣の集落へ
鳩ノ巣の集落へ
奥多摩駅にゴール
奥多摩駅にゴール

結 論実費420円のロードバイク用シェードは、ロングライドに有効でした。次のブルベから使おうと思います。色つきのポリカーボネイトシートがあれば、夏用のシェードも作ってみたいと思います。雨の場合にはどうなるかは、別途実験してみます。

中野 (6:05)-都立家政(6:17)-西東京市(6:43)-野口橋(7:17)-工業団地入口(8:08)-河辺駅北(8:19)-成木街道入口(8:26)-青梅駅前(8:30)-和田二丁目(8:45)-御岳山入口(9:14)-梅沢(9:19)-古里駅前(9:26)-鳩ノ巣(9:36)-奥多摩駅(9:49)□■□輪行■□■中野(11:55)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。