FC2ブログ

アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM511「アタック白馬」改め「アタック碓氷峠」

BRM511「アタック白馬」改め「アタック碓氷峠」
BRM511アタック白馬
↑ クリックでコースマップ表示

前回の400kmブルベからほぼ1カ月,まったく自転車に乗らないままで600kmブルベです。天気予報は当日の午前からその翌日未明までは雨という予報。しかも,夜間は悪路のダウンヒルになりそうなので,モチベーションは大幅に下降気味でした。ところが,当日の早朝に起きて空を見上げると薄曇りですが,気温は低くありません。また,低気圧は日本列島の南岸を移動するというので,北に向かうコースならば,雨雲からは遠ざかるのではという淡い期待もあります。ということで,とりあえず出走だけはして,その後のことは雨が本格的に降ったら考えることにします。さもないと,この次に予定しているブルベまで,2カ月のブランクができてしまいます。1カ月ぶりにタイヤに空気を入れ,輪行でスタート地点の埼玉県入間市の豊水橋に向かいます。

出走受付風景新宿駅からの山手線,そして池袋からの西武池袋線でも,明らかにブルベ参加者とわかる乗客を2名ほど確認。入間市駅に着くと,南口で自転車を組み立てて出発します。ブルベで豊水橋からスタートするのは今回で3度目なので,さすがに迷うことなく無事に到着すると,雨ブルベの予想にもかかわらず,すでに大勢のライダーが集まっています。このブルベでは6時と7時のスタートに分かれていますが,主催者によると参加者の大半は7時スタート組だそうです。

検車を済ませると,豊水橋を渡って飯能・秩父方面へと北上します。600kmという長丁場,そして久々のロングライドということで,序盤はかなり抑え気味に走ることを心がけます。気温は意外に高めで,さらに,しばらく走ると薄日も差してきて,夜間の冷え込みを想定して着てきた冬用ジャージでは暑いくらいです。途中,一瞬だけ雨粒が落ちてきたようですが,天気予報がよいほうに外れてくれることを期待して,埼玉ブルベではおなじみの県道30号線を進みます。41.2km地点の小前田駅前は,2時間ほどで通過,まあまあのペースです。このあと国道254号に入って,富岡の市街地を通過します。
気温は相変わらず高くて汗をだいぶかいてしまったので,途中で冬用ウェアを脱ぎ,長袖アンダーに着替えます。ところが10時を過ぎる頃からとうとう雨が降り始め,今度は止む気配はないので,蒸し暑さを我慢してレインウェアを着ることにします。前後を走る他のライダーたちも,いつの間にかレインウェア姿になっています。
飯能市に入る国道254号を走る雨装備の準備
飯能市に入る国道254号を走る雨装備の準備

しばらくすると,前方に妙義山がうっすらと姿を現すと同時に,路面はドライになります。暑かったレインウェアを脱いでしばらく走ると,95.7km地点松井田のPC1に到着です。時刻はちょうど12時で,これは当初立てていた予定通りです。制限時間の1時間半ほど前なので,まずは一安心。ここのコンビニの裏手から遠くの山々を眺めると,その輪郭はまだはっきりと見えるので,天候が急変する心配はなさそうです。
妙義山方面へPC1は予定通りの通過妙義・荒船の山々
妙義山方面へPC1は予定通りの通過妙義・荒船の山々

PC1の先には釜飯が名物の「おぎのや」がありますが,グルベをしている余裕はないのでそのまま通過。すぐに,このブルベで最初の山場となる碓氷峠▲962m)への14kmほど続く登りが始まります。カーブが184回もありますが,勾配はそれほどきつくはありません。ところが,登坂の途中から雨が降りだします。次第に本降りになってきますが,レインウェアを着ても汗で濡れるだけなので,途中で休まず一気に上ることにします。
おぎのや前を通過碓氷峠へめがめ橋
おぎのや前を通過碓氷峠へめがめ橋

結局,1時間10分ほどで碓氷峠(114km地点)を通過。去年のVCR青葉の「御坂みち」でこの峠に登ったときは1時間15分かかったので,少しだけ時間短縮です。この碓氷峠の近くには雨宿りできる施設がないので,しばらく走ってから屋根のある自動販売機コーナーでレインウェアを着ることにします。そして再スタートを切りますが,「軽井沢駅前」という標識が目に入ったとき,ふと考えました。ここから次のPC2までのおよそ50kmは,高低差600m以上をずっと下っていくだけなので,時間は十分間に合います。それどころか,時間の貯金は3時間くらいに増えそうです。白馬のPC3も問題ないでしょう。ただし,そのあとに控えている真夜中の峠道のアップダウン,特に雨の中のダウンヒルを考えると,ここでDNFしたほうがよさそうです。白馬まで行って,そこで宿泊先を探すという手もありますが,コストのことを考えると,軽井沢から帰るのが一番安上がりです。去年の「御坂みち」では,ここから清里まで大雨の中を走り続け,やはり夜中のダウンヒルが心配でDNFしています。とりあえず100kmをほぼ時速20kmで走り通せたということと,碓氷峠を去年よりも短時間で登れたということを収穫と考え,今回の「アタック白馬」は次のブルベの実戦練習と位置づけることにしました。
DNFの確率が高いという前提で臨んだので残念という気持ちはないのですが,雨対策と防寒用のウェアを入れたリュックがかなり重くなってしまったので,この点は今後の対策が必要です。
碓氷峠を通過新軽井沢でDNF決定軽井沢駅から輪行
碓氷峠を通過新軽井沢でDNF軽井沢駅から輪行

豊水橋(7:00)-上鹿山(7:18)-小前田駅(9:03)-天神橋(9:18)-黒熊(10:10)-PC1(11:59)-碓氷峠起点(12:45)-めがね橋(13:00)-碓氷峠頂上(13:56)-新軽井沢(14:08)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れさまでした

DNFをどこで選択するかは重要ですよね

こちらは宇都宮300走ってましたが
クルマでの参加ということもあり
DNFしたくてもそのあと電車で戻るのが大変だったので
結局最後まで走っちゃいました(笑)

のりぞー64 | URL | 2013-05-15(Wed)00:18 [編集]


のりぞー さんへ

コメントありがとうございます。

また300km完走おめでとうございます。

600kmブルベでは、雨+夜+ダウンヒル+山中+低温
という条件が重なれば、深みにはまる前にDNFを判断
するようにしています。最初から雨でも200kmなら
勢いで走れると思いますが…

Bilbo | URL | 2013-05-15(Wed)07:02 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。