FC2ブログ

アウトドア日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高尾山稜スノーハイク

高尾山稜スノーハイク
今年2回目の大雪から1週間、中央本線が復旧して最初の土曜日に陣馬山~高尾のスノーハイクを計画しました。電車ですぐのところでスノーハイクができそうだとあって、このチャンスを逃す手はありません。無雪期のトレイルランならば日中に往復できるコースですが、今回は神奈川県の藤野町にある登山口から陣馬山に登ったあとで尾根筋を高尾山へ向かう片道コースにしました。次の週からは気温が上がって雪が解けたり雪質がだいぶ変わったりすることが予想されるので、近場でのスノーハイクはこれが最後のチャンスかもしれません。

始発電車で藤野駅に5時半に到着すると、空はまだまっ暗です。それでも陣馬登山口へ向かう車道はきれいに除雪されていて街灯も明るく、体が冷えない程度のペースでゆっくりと歩いていきます。6時ごろに上沢井にある登山口のバス停に着くと、ちょうど空が明るくなってきたので、ヘッドランプの出番はありません。この登山口からは「一の尾根コース」と「栃谷コース」のルートが分岐していますが、雪道がよく踏まれていそうな前者を選びます。周囲の集落は雪国のような雰囲気になっています。坂を登る途中の民家の前からいきなり雪道が始まりますが、雪の下はまだ除雪されていない舗装路のようです。
除雪された道を登山口へ上沢井の集落雪道の始まり
除雪された道を登山口へ上沢井の集落雪道の始まり

本格的な登山道になると次第に雪が深くなってきますが、まだチェーンスパイクは装着せず、行けるところまでそのまま行ってみることにします。ようやく尾根道に入ると、1人の中年ハイカーに追いつきます。ストックを1本持ちアイゼンも付けているようですが、つぼ足でゆっくりと登っているので先に行かせてもらいます。
登山道に入ってから30分もすると、雪の量がかなり増えてきたので、ここからワカンを使うことにします。夜間の冷え込みで固くなっているのはその表面だけで、ワカンごと踏み抜くこともありますが、体力の消耗はツボ足よりもずっと少ないはずです。先ほどのハイカーは、後ろを振り返ってももう姿がまったく見えません。尾根上に出ると、下界への眺望も少しずつ開けてきます。
雪深い登山道ワカンを装着尾根上の雪
雪深い登山道ワカンを装着尾根上の雪

この「一の尾根コース」は下山路として1回だけ使ったことがありますが、今回の登り、しかも雪道ではまったく別の道です。それでも、尾根道の高度感はなんとなく覚えがあります。植生がまばらになり、空が開けてくると、ようやく陣馬山の「富士見茶屋」の建物が見えてきます。ここからはトレースを外れ、固く締まった斜面を直登で頂上を目指します。雪面にワカンの刃が食い込む感触が心地よく、短いながら雪山登山の気分が味わえます。
陣馬山の山頂に着いたのはちょうど9時で、標準コースタイム100分のところ1.8倍の時間がかかっています。この頂上付近には人影がなく、茶屋も閉まっています。もしかすると、この日で最初の到着かもしれません。白馬の像の下で朝食の残りのおにぎりとアミノ酸飲料で栄養補給をし、ワカンのひもを締め直していると、先ほど見かけたハイカーとは別の若いハイカーが登ってきます。尋ねてみると、「一の尾根コース」を、持参してきたワカンを使わずに登ってきたそうです。また、下山ルートも自分と同じ高尾山口とのこと。どこかで追いつかれるだろうと思いながら、先に出発します。
頂上への直登ルートを行く無人の陣馬山頂上高尾方面へ下る
頂上への直登ルートを行く無人の陣馬山頂上高尾方面へ下る

陣馬山からの尾根道にはトレースがあるものの、雪は深くて柔らかく、歩きやすくはありません。明王峠を過ぎたあたりで、予想通り先ほどのハイカーに追いつかれます。今度は彼もワカンを装着しているようです。底沢峠を過ぎたあたりでは、今度は反対方向からトレイルランナーがやって来ます。半袖に7分丈のパンツ、トレランシューズという格好ですが、高尾からやって来たのだとしたら、そしてここを往復するのであれば、ずいぶん根性があります。その後、何人もトレイルランナーを見かけるようになります。この尾根上には、麓のバス停に通じるエスケープルートがいくつかありますが、どれもあまり踏まれていないようです。
明王峠を通過陣馬山のハイカーに追いつかれるトレイルランナーとすれ違う
明王峠を通過陣馬山のハイカーに追いつかれるトレイルランナーとすれ違う

しばらくは眺望もない単調な歩きが続きますが、ワカンを付けているのでトレースから外れて山側の踏み跡のないところを通ったほうが楽なところもあります(谷側でこれをすると危険)。景信山の手前では、雪が吹き溜まったように深くなり、どの道標もかろうじて雪の上に出ています。景信山を登りきると、開けた山頂ではちょうどお昼時ということもあって多くのハイカーが休憩をしていて、茶屋も営業しています。日差しは暖かく、ピクニック日和という感じです。白い雪を背景にすると、ハイカーの色とりどりのウェアがいっそう派手に見えて、何かお祭りでもしているようにさえ見えてきます。「景信茶屋」では、ペットボトルのスポーツ飲料を買っただけで、そのまま先へ進みます。
埋もれた道標景信山を通過茶屋で水分補給
埋もれた道標景信山を通過茶屋で水分補給

景信茶屋」から先は、踏み跡も安定してきます。ふと前を見ると、陣馬山の先で追い越していったハイカーがワカンを取り外しているところです。こちらもそれに倣ってワカンを外し、トレッキングシューズにはチェーンスパイクを装着することにします。こうなると、どうしても走りたくなってしまい、トレランモードで尾根道を進みます。すると次々に前を行くハイカーを追い越し、渋滞につかまる回数も増えてきます。小仏城山もハイカーで賑わっていて、みな思い思いに雪山気分を楽しんでいるようです。一丁平まで来ても、ハイカーの姿は途切れることはありません。
渋滞につかまる小仏城山の天狗像一丁平を通過
渋滞につかまる小仏城山の天狗像一丁平を通過

今回は高尾山には登らず、トレイルランでよく利用している高尾山南側の「稲荷山コース」に入ると、日当たりのよいところでは土の露出している部分も現れてきます。さらに高度を下げていくと、ところどころに泥道が現れてきたので、ここでスノースパイクも取り外します。そして、午後3時前にケーブルカーの清滝駅に到着。スタートからの所要時間は9時間ほどでした。
稲荷山コースを走る泥の道と化したトレイル清滝駅にゴール
稲荷山コースを走る泥の道と化したトレイル清滝駅にゴール

《 備 考 》
コース:登山口から陣馬山までは雪質もよく、見かけたハイカーも2人だけだったので、とても東京近郊の低山とは思えませんでした。主稜線はトレースがしっかりとついています。雪で登山道が平坦になり、クッションもあるので脚への負担は少なかったように思います。トレイルランナーは数人見かけましたが、どのようなルートを走ったのか興味があります。
ウェア類:前回の雲取山でのスノーハイクではかなり汗をかいたので、今回は春秋用のサイクルジャージに薄手のゴアテックスレインウェアという身軽なスタイルにしました。下はヒートテックタイツに7分丈ドライパンツを重ね、スパッツを付けました。アイゼンは持たず、ワカンとスノースパイクの使い分けでまったく問題はありませんでした。


■ 距離:19.9km
■ 時間:9時間10分
■ 行程:
 藤野駅(5:33)-陣馬登山口バス停(6:00)-陣馬山山頂(9:00/9:19)-奈良子峠(10:00)-明王峠(10:15)-底沢峠(10:32)-堂所山巻き道(10:44)-景信茶屋(11:54)-小仏城山(12:59)-一丁平(13:14)-稲荷山(14:10)-清滝駅(14:43)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。